POSTRECORDING

山田孝之やまだ・たかゆき

(アルマン・ルーラン役)

1983年10月20日、鹿児島県出まれ。1999年に俳優デビュー以来、役柄の幅を広げて活躍している。

テレビでの主な出演作に「ちゅらさん」、「ウォーターボーイズ」、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「白夜行」、「闇金ウシジマくん」、「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」、「勇者ヨシヒコと魔王の城」、「信長協奏曲」、ドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」、「REPLAY&DESTROY」、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」、ドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」、「破獄」など。

映画では、「電車男」、「手紙」、「クローズZERO」、「十三人の刺客」、「乱暴と待機」、「闇金ウシジマくん」、「のぼうの城」、「その夜の侍」、「ミロクローゼ」、「凶悪」、「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」、「新宿スワン」、「バクマン。」、「信長協奏曲」、「テラフォーマーズ」、「闇金ウシジマくんPart3&ザファイナル」、「何者」、「映画 山田孝之3D」、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」などがある。吹き替えはアニメ「猫の恩返し」、「DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団」、洋画「エラゴン 遺志を継ぐ者」などで経験している。プロデューサーも兼ねた最新主演映画「ハード・コア」が2018年に公開予定。

イッセー尾形いっせー・おがた

(ジョゼフ・ルーラン役)

1952年2月22日、福岡県生まれ。1971年に演劇活動を開始。1981年に日本テレビ「お笑いスター誕生!!」でさまざまな職業の人物を演じて金賞を受賞。「都市生活カタログ」シリーズや「妄ソーセキ劇場」など、独自のスタイルをもった一人芝居で国内・海外ツアーを行い、人気を博す。

俳優としても数々のドラマや映画に出演。映画では海外の監督作品に出演することも多く、「ヤンヤン夏の思い出」(エドワード・ヤン監督)、昭和天皇を演じた「太陽」(アレクサンドル・ソクーロフ監督)、「トニー滝谷」、「先生と迷い猫」、「沈黙ーサイレンスー」(マーティン・スコセッシ監督)など、国内外で高評価を得ている。最新作はNHKの土曜時代ドラマ「アシガール」。11月には日生劇場でオペレッタ「こうもり」に出演。 また、本作への参加と同時に、東京都美術館の「ボストン美術館の至宝展」の特別サポーターとして、特設サイトで指人形を使った作品「ゴッホの友人ルーランさんの夫婦漫才だこりゃ」を公開。同展とのタイアップ映像「ルーラン親子、日本へ行く」も公開された。

伊藤かな恵いとう・かなえ

(マルグリット・ガシェ役)

11月26日、長野県生まれ。2007年より声優として活動をスタート。

主な出演作品に、アニメ「しゅごキャラ!」シリーズ、「神のみぞ知るセカイ」シリーズ、「とある科学の超電磁砲」、「僕は友達が少ない」、「侵略!?イカ娘」、「花咲くいろは」、「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」、「ソードアート・オンライン」、「オオカミ少女と黒王子」、「アイカツ!」、「ONE PIECE ワンピース」、ゲーム「プリティーリズム」など。

洋画の吹き替えでは「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな日々」、アニメーション「サミーとシェリー 七つの海の大冒険」などに出演。

また、2009年よりアーティストとしてメジャーデビューし、2017年11月にミニアルバム「デアエタケシキ」を発売。ライブツアーも行う予定。

三宅健太みやけ・けんた

(フィンセント・ファン・ゴッホ役)

8月23日、沖縄県生まれ。声優としてアニメ、外国映画の吹き替えを数多く演じる。

主なアニメ作品に、「蒼天航路」、「BLEACH」、「ハヤテのごとく!」、「ONE PIECE ワンピース」、「灼眼のシャナ」、「劇場版ポケットモンスター」シリーズ、「レイトン教授と永遠の歌姫」、「ジョジョの奇妙な冒険」など。

洋画の吹き替えでは、「マイティ・ソー」や「アベンジャーズ」シリーズでのクリス・ヘムズワース扮するソー役のほか、「キンキー・ブーツ」のローラ役、「ズートピア」のボゴ署長役などを演じている。

最新作にアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」、「はいからさんが通る」、洋画「マイティ・ソー バトルロイヤル」などがある。

落合福嗣おちあい・ふくし

(ポール・ゴーギャン役)

1987年8月20日、愛知県に生まれる。2015年に劇場版アニメ「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」で声優としてデビュー。

主な作品に、「あまんちゅ!」「おじゃる丸」、「灰と幻想のグリムガル」、「ちるらん にぶんの壱」、「ROBO MASTERS:THE ANIMATED SERIES」、「ちゃらんぼ島の冒険」など。

洋画の吹き替え作品に「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く」などがある。